看護師求人・転職先の探し方

看護師バイトが転職する時、就職する時にはハローワークや求人雑誌、求人サイトから職場を探すという方法がありますよね。それぞれのメリットとデメリット、特徴などについて調べてみました。
保育園看護師に強い求人サイトは?

まずハローワーク(職安)のメリットは情報量が多く、誰でも気軽に利用でき、様々な情報を得ることができます。情報の更新が早いので、求人日時もわかりやすく、転職・就職活動がスムーズです。

求人情報端末で検索すると印刷も可能なので便利ですし、気になる求人に関して職員さんに相談することが可能となります。その際には求人先に電話をして詳細を確認してくれることもあります。面接の日時も職員さんがセッティングしてくれますし、その職場が以前求人を出していた時の傾向なども教えてくれるので、大変便利です。

デメリットを挙げるとすると、ハローワークまで行く必要があるので、時間をある程度確保しなくてはいけません。

次に求人雑誌のメリットとデメリットを挙げていきます。コンビニなどで手軽に購入できますが、情報量が充実しているとは言えません。なので、求人雑誌だけで就職活動をしようとすると何冊も購入する必要がありますし、探すだけでも時間が掛かってしまいます。

参考程度に見る分にはいいかもしれませんが、気になる求人を見つけた時に詳細を自分で調べなくてはいけません。面接の段取りなどもすべて自分が行わなければいけないので、手間がかかると言えます。

求人サイトは無料で希望条件に合った職場をピックアップして紹介してくれます。看護師求人サイトというものがあり、登録することで専任のコンサルタントが就職までのお世話をしてくれるので便利です。

また、非公開求人を所有しているサイトが多いので、利用する価値はあると言えます。さらにもしも働きたいと思っていた病院が求人を出していないとしても、交渉してくれるところもあります。様々な職探し方法があるので、それぞれのメリットを活かしながら就職・転職活動するといいでしょう。