看護師求人を効率よく探す方法とは?

助産師求人の探し方

看護師バイトが転職する時、就職する時にはハローワークや求人雑誌、求人サイトから職場を探すという方法がありますよね。それぞれのメリットとデメリット、特徴などについて調べてみました。
保育園看護師に強い求人サイトは?

まずハローワーク(職安)のメリットは情報量が多く、誰でも気軽に利用でき、様々な情報を得ることができます。情報の更新が早いので、求人日時もわかりやすく、転職・就職活動がスムーズです。

求人情報端末で検索すると印刷も可能なので便利ですし、気になる求人に関して職員さんに相談することが可能となります。その際には求人先に電話をして詳細を確認してくれることもあります。面接の日時も職員さんがセッティングしてくれますし、その職場が以前求人を出していた時の傾向なども教えてくれるので、大変便利です。

デメリットを挙げるとすると、ハローワークまで行く必要があるので、時間をある程度確保しなくてはいけません。

次に求人雑誌のメリットとデメリットを挙げていきます。コンビニなどで手軽に購入できますが、情報量が充実しているとは言えません。なので、求人雑誌だけで就職活動をしようとすると何冊も購入する必要がありますし、探すだけでも時間が掛かってしまいます。

参考程度に見る分にはいいかもしれませんが、気になる求人を見つけた時に詳細を自分で調べなくてはいけません。面接の段取りなどもすべて自分が行わなければいけないので、手間がかかると言えます。

求人サイトは無料で希望条件に合った職場をピックアップして紹介してくれます。看護師求人サイトというものがあり、登録することで専任のコンサルタントが就職までのお世話をしてくれるので便利です。

また、非公開求人を所有しているサイトが多いので、利用する価値はあると言えます。さらにもしも働きたいと思っていた病院が求人を出していないとしても、交渉してくれるところもあります。様々な職探し方法があるので、それぞれのメリットを活かしながら就職・転職活動するといいでしょう。

夜勤専従看護師のメリット・デメリット

夜勤専従として働く際にはメリットもあればデメリットもあります。 これから夜勤専従看護師になりたいと思っている方は夜勤専従の基本についてチェックしてみましょう。

まず、主な仕事内容といえば病棟の場合は体位交換、点滴管理、おむつ交換などとなり、コール対応もあります。 一般的には3年以上病棟経験があれば問題なくできる内容なので特に心配する必要はありません。

そもそも夜勤というのは何時から何時までのことなのかというとこれは勤務する病院によって違います。 二交代の職場で働く場合には17時から翌朝の9時、三交代であれば0時から9時という形となり、おむつ交換が2~3時間ごとに行う形になるでしょう。

夜勤専従の大きなメリットともいえるのが夜勤手当です。 そもそも,新聞を収入といわれる大きな理由は夜勤手当にあるため、夜勤専従は稼ぎやすい働き方ともいえます。

どれくらいの手当がつくかというのは病院によって違うものの、多くの場合は1回あたり2万円~3万円という形になり、残業が発生すれば残業手当もつくことになるのです。 残業が多ければそれだけ稼ぎやすいともいえますが、ハードワークにもなってしまうのでこのあたりは自分の体力とも相談しながら最適な病院を探してみましょう。

いざ働き始めてから残業が多い職場であることが発覚したとなってもそこから対策を取ることは難しいため、残業が多いかどうかというのは事前に確認しておく必要があります。

注意しなければならないこととして、いくら稼ぎやすいからといって毎日夜勤として働くことはできません。 法律によって1ヶ月に9~10回くらいしか夜勤をすることができないため、体力がある方ならば毎日稼げるというわけではないのです。

デメリットについてですが、日中に患者さんと触れ合うことが少ないため、日勤も夜勤もこなすスタッフに比べると患者さんのお名前と顔が一致しないことも考えられます。

ただ、夜勤は看護師2~3人で行うため、他の看護師に確認を取りながら仕事を行えば問題ないでしょう。

管理職の看護師になるには

看護師としてさらに高収入を目指しているということであれば、管理職を目指すのもおすすめです。 管理職になることができれば大きなキャリアアップにもつながるため、収入を伸ばしていくことができるでしょう。

管理職の中には主任のほかに師長や看護部長といったものがあります。 もちろん、希望すれば誰でも管理職になれるというわけではありません。

看護師という仕事続ける中で長い実務経験を積み、リーダーシップも身につけていくことが重要です。

管理職は看護部門の目標を作成したり、それを達成するための工夫や努力も行わなければならないため、非常に責任の重い立場にあるといえます。

それだけでなく、部下と上司の板挟み状態になりストレスを抱え込んでしまう方も多いようです。 また、管理職の経験があると転職においても有利になります。 現在は看護師不足の状態が続いており、その中で管理職を経験した人のリーダーシップや知識というのはどの病院であっても重宝されるものなのです。

現在看護師をしている方は主任看護師を目指してみましょう。 スタッフの間で起きたトラブルを解決したり、職場環境の問題点を見つけてそれを改善するための努力を行うのも主任看護師の重要な仕事です。

多くの看護師から意見を聞き、信頼される看護師でなければならないため、リーダーシップだけでなくコミュニケーション能力も求められます。

さらに上の看護師長という立場になれば病床管理や危機管理、人員管理など様々な事を担当する形になるでしょう。 他の看護師や患者のことだけでなく、病院の損益についても考えていかない立場であるため、かなり経験を積んだ方でなければ任されることはありません。

これから管理職を目指したいと思っているのであれば、他の看護師の模範となるような働き方を目指しましょう。

信頼される管理職になるためには人望や人柄も大切です。 こういったことはほんの数ヶ月で身につけられるものではないため、毎日誠実に働き、周りからの信頼を集めていきましょう。

↑ PAGE TOP