復職を成功させるためのポイントとは?

復職するのが心配な看護師

最近看護師を辞めて1年経つという女性と話す機会がありました。彼女は看護師をもう一度やってみようと1度復職してみたものの、スムーズに仕事に戻れず、看護師を続ける自信がなくなってしまったそうです。とはいえずっと仕事をしないままではいきませんし、もう一度看護師として頑張ってみたい、と考えていると言います。

ただ再就職したとして、新しい医療現場で同じ看護師さんやお医者様と上手く関係を作っていけるか、ミスなく仕事を行っていけるか、とても心配で仕方がない、と悩んでいました。きっと看護師として自分を信じる事が難しくなってしまっているのでしょう。

再び看護の現場に戻ることでの最大の心配は、やはり技術的なことかもしれません。このようなケースでオススメなのは、復職支援セミナーに出てみることです。新しい看護の技術や最新の医療の知識を効果的に自分のものにする事が可能でしょう。

復職支援セミナーは看護協会だけではなく、病院などの施設でも実施しています。病院での復職セミナーは参加したらその病院に勤めなければいけない気がしますが実際はそのようなルールはありませんので、積極的にセミナーへと参加して、多くの知識とモチベーションを手に入れましょう。

仕事の感覚を、セミナーに参加する事で思い出す事ができると思います。メンタル的な心配もあると思いますが、こちらは以前勤めていた仕事場よりも、若干ハードルを下げる事で解決できる事が多いです。

久しぶりの現場だと言うのに、前の職場よりもレベルの高い職場を選んでしまうと技術や知識に追いつけず、自分にがっかりしてしまうことも考えられます。フルタイムで働く前に、パートなどでまず感覚を取り戻してみるのもいいでしょう。

また介護施設などに勤めるという道もありますし、復職後の仕事場に選ぶ人はとても多いです。介護施設での看護師の役割は、薬を管理することや皮膚トラブルのケアなど中心に行われます。医療行為は余り行わないため、看護に対する自信が余りないブランクのある看護師さんにお勧めです。

久しぶりの現場復帰という看護師さんをわかってくれる職場探しというのは、自分だけではなかなか難しいこともあるでしょう。このようなケースでは看護師求人サイトなどを上手に利用することを考えてみてください。

看護業界に強い担当のコンサルタントなどがスタッフにいるため、利用していても心強いと思います。復職支援セミナーを企画している看護師求人サイトも中にはありますので、参加してみるのもオススメです。

↑ PAGE TOP