認定看護師制度について

認定看護分野と認定看護師

高度化・専門分化する保健や医療・福祉の現場などで熟練した看護技術や知識が必要とされる看護分野を認定看護分野といい、制度委員会によって認められています。

特定されている認定看護分野は21種類あります。

【救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、ガン疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、接触・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリ看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護】

認定看護師とは、特定の看護分野において熟練した知識と看護技術を持ち、高い水準の看護を提供することが求められます。認定看護師になる為には、日本看護協会による認定看護師認定審査に合格する必要があります。

実践・指導・相談の3つの役割を果たし、看護ケアの質の向上と広がりを図ります。認定看護師は高いレベルを保持する為に、認定後も5年ごとに更新審査を受けなくてはいけません。認定看護師は年々増加傾向にあり、これから先も活躍の場が増えると予想されます。

認定看護師制度について説明します。看護師の資格を取得してから病院に勤め始めたとします。 入職してからは新人研修などの様々な研修を受けることになり、配属先で先輩看護師から実務を学びながらスキルを身につけていきますよね。

同じ病棟で何年も働いているうちにもっと高度な技術や知識を得て患者さんの役に立ちたいと思った時や、忙しい毎日の中で専門知識を習得することが難しいと思った時に活用される制度です。認定看護師になる為には最低半年間通学する必要があります。

職場を休んだり、通学できる範囲に学校がない場合は泊まる場所を探さなくてはいけません。職場の理解がないと難しいので、最近では病院がバックアップして各教育機関に派遣するというシステムが見られるようになりました。各地に教育機関があるので、興味がある方は探してみてくださいね。

↑ PAGE TOP