看護師を目指している方は必見です!

看護師になる最短コース!高校学校衛生看護科とは?

看護師になるためには看護師国家試験に合格しなくてはなりません。誰でも受験できるわけではなく、看護師国家試験を受けるには受験資格を満たす必要があります。最もポピュラーな方法は【文部大臣または厚生労働大臣が指定した看護師養成校等に進学して、3年以上学習・単位を取得して卒業すること】です。

看護師の資格を得る方法は何通りもあるので、自分が何を学びたいのかしっかり考えなくてはいけません。 実践的なこと、専門性、就職先など自分の将来像やプランを計画することが大切です。

文部大臣または厚生労働大臣が指定した看護師養成校等には看護専門学校や看護短大、4年制の看護系大学、准看護養成所、高校学校衛生看護科などがあります。その中でも今回は高校学校衛生看護科について紹介したいと思います。

最短で看護師になる方法は中学校を卒業した後、高校学校衛生看護科へ進学し、卒業することです。卒業後に准看護師都道府県知事試験の受験資格が得られ、合格後に専攻科で2年間学ぶと看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

中学卒業から看護師になるまでの流れは

中学卒業

高校学校衛生看護科 【高校3年+専攻科2年、計5年の一貫教育】

まず高校で3年間学び卒業する

准看護師都道府県知事試験に合格する

准看護師になる

専攻科で2年間学んで卒業する

看護師国家試験に合格する

看護師

このように最短で看護師を目指すことができます。5年一貫教育となっており、最短で看護師になれる・卒業後は准看護師試験に合格すると准看護師として働くことができるというメリットがあります。

しかし残念ながらデメリットも存在します。途中での進路変更が難しく、最短で看護師になれるものの忙しいといった声があるのも事実です。また、准看護師制度が廃止になる動きが見られるので、もしかしたら将来的にこの選択肢がなくなる可能性があります。お子様が受験を検討しているのであればその事も視野に入れて考えたいところです。

↑ PAGE TOP